メニュー

帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

 

 

帯状疱疹(ヘルペス)帯状疱疹とは、ウイルス性の皮膚炎で、赤い発疹と水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴です。

ウイルス性であるので、皮膚と皮膚の接触感染に注意が必要です。

治療

抗ウイルス薬による治療をおこないます。しかし、ウイルスの増殖を抑制するものであり、症状を緩和する効果のための投薬となります。早ければ1週間ほどで治癒しますが、安静にし体力を回復することが重要です。

 

帯状疱疹に罹患後に痛みが残ることがあります。

早期に治療を開始することで、その発生をおさえることができます。アレっと思ったら、ご相談ください。

また、加齢に伴い帯状疱疹発症の可能性がでてきます。これは現在予防ができます。帯状疱疹ワクチンがありますので、摂取可能です。ご相談ください。

 

*2種類のワクチンがあり、生ワクチンと不活化ワクチン(高額)があります。ともに接種は可能です。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME